保存版!photoshopのアクションで効率よく作業をこなそう!アクションまとめ

スポンサーリンク

photoshopのアクションとは

Photoshopにはアクションという機能があり、一連の操作を記録し同じ事を自動で処理させる機能があります。
Excelでいう所のマクロと同じものです。
一度使い方を覚えてしまうと複雑で煩雑な時間のかかる作業も効率的に短時間で終わらせる事も可能です。

アクションの使い方

スクリーンショット 2015-11-24 21.57.30
step1、photoshopを起動し、画面左端上部にある再生ボタンをクリック。

スクリーンショット 2015-11-24 21.57.39
step2、表示されたウィンドウの中にあるゴミ箱アイコンのとなりのアイコンをクリック。(アクションの新規作成)

スクリーンショット 2015-11-24 21.57.51
step3、新規アクションウィンドウが開くので名前をつけて保存。

スクリーンショット 2015-11-24 21.58.08
step4、アクションが記録開始されるので記録させたい作業をおこないます。(ここでは簡単にテキストツール→色変更 としました。)

スクリーンショット 2015-11-24 21.58.32
step5、画面上にテキストaaaaaaが表示されました。ここで記録をストップしてみます。停止ボタンをクリック。(録画ボタンの左側)

スクリーンショット 2015-11-24 21.58.56
step6、これにてアクションが記録されているので、新規にキャンバスを作成し、再生ボタンをクリック。

スクリーンショット 2015-11-24 21.59.03
step7、step5と同様にテキストが表示されアクション完了。

アクションのメリット

このようにアクションのメリットは作業を簡略化する事ができる事です。
数が多く、編集する作業がきまっている場合などには非常に効率よく編集作業を進められます。

ウェブ上には様々なアクションファイルが公開されていますので参考ください。
初心者でもプロ並みのデザインを自動で作れてしまう!HDR加工やレンズフィルターなど。。photoshopアクションファイル厳選10選まとめも参考までに。

今月最も見られている記事はこちら

まだデータがありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です